会社経営者として順風満帆の人生を歩み出していた 40 代の時、自らの人生を考えるきっかけを頂きました。
その頃、障がい者の方と関わることを通じて、障がい者の皆様が自立することの手助けをして喜んでいただけるような仕事をしたいと考えるようになり、車いすの修 理や改造を始めました。
1994 年に、重度の身体障がい者のための電動車椅子の開発、製作、レンタル、修理などを行う「さいとう工房」を立ちあげ、障がい者一人ひとりに合わせたオーダーメイド車椅子づくりをはじめ、2000 年に法人化しました。お一人お一人の障がい者や高齢者の方が抱えている問題を解決するべく取り組んできた車椅子づくりも、新たな局面を迎え、あらゆる人に対応できる車椅子づくりへと進化してきています。私の目的は車椅子を作ることではなく、障がい者が自立して、自分たちの生活も環境も自分たちで変えていく、そのような気持ちが引き出される縁となることを願って、今、この仕事をしています。
 
[沿革]
1994年 手が不自由で鍵を開閉出来ない車いすの方にリモコン玄関錠を作製
  一人で車椅子に乗れない方に、車いすへの電動トランスファーリフトの製作
  電動車椅子搭載用充電器、コードリール開発製作
1995年 電動昇降型手動車椅子製作(基準外交付)パンテーラ販売開始(スエーデン製)
1996年 低床式電動リクライニング車椅子製作(NHK「にんげんマップ」にて放映)
1997年 人工呼吸器付、呼吸操縦電動車椅子を東京都補装具研究所と製作(東京都福祉機器総合センターの紹介VTRに使用)
  軽量小型電動昇降型電動車椅子製作(共に基準外交付)
1998年 リクライニング電動車椅子スラローム仕様に改造(横浜国体優勝)
1999年 車椅子サッカー用、電動車椅子各種多数製作、 人工呼吸器付、チルト式改造電動車椅子製作
  (当社ドキュメント墨田区制作番組「心の旅」放映映像コンクール、優秀賞受賞)
  第1回フィリピン車椅子製作技術指導派遣
2000年 工房移転、大型工作機械等導入、法人登録 、第2回フィリピン車椅子技術指導
2002年 韓国等アジアに中古電動車いす提供事業開始、韓国で電動車椅子セミナー開催
2003年 全国自立生活センター協議会とアジアへの中古電動車椅子供与開始
2004年 国際福祉機器展にて開発ポスチェリング゙、バックレスト展示試乗会
  パキスタン、タイに電動車いすの修理及び技術指導訪問、JICAより海外障がい者来訪
2005年 国際福祉機器展:新開発Pチェアー発表、パキスタン研修生受入 韓国障がい者団体来訪
2006年 自在ボード開発 韓国より障がい者団体来訪
2007年 自在ボード国際福祉機器展及び2つの学会発表、パキスタン研修生長期研修
2009年 JICA研修生フィジー来訪、レル開発開始
2010年 NPO法人さくら車いすプロジェクト設立会議
2011年 パキスタン・コンテナ発送~技術セミナー開催
  開発電動車椅子が「ROBOT JAPAN 2nd(主催:マゼル・ジャパン)」でMVP賞を受賞
  さくら・車いすプロジェクト認証、国際福祉機器展レル出展
 
[会社概要]
社名 有限会社さいとう工房
創立 1994 年(平成 6 年)1 月 個人事業さいとう工房 創業
設立年月 2000 年(平成 12 年)6 月 有限会社さいとう工房 登記
資本金 300 万円
代表取締役 齋藤省
従業員 14名
事業内容 車いす、電動車いす(国産、輸入)福祉機器の販売、修理、レンタル
  基準外車いす、特殊電動車いすの改造製作、開発、オーダー設計製作
  体幹保持、シーティングシステムの製作
  介護保険、福祉用具貸与
  2013年9月~オリジナル・室内外マルチ電動車いすレル・シリーズ販売予定
主要取引先 都内22特別行政区 及び  近郊30市
主要取引団体 ヒューマンケア協会 JICA 国際協力事業団 DPI 日本会議
主要仕入先 昭和貿易 ( 株 )  ( 株 ) 松永製作所  ヤマハ発動機 ( 株 )  イマセン技研 ( 株 ) 
( 株 ) カワムラサイクル  ユーキトレーディング ( 株 )
取引銀行 三菱東京 UFJ 銀行押上支店 東京東信用金庫駒形支店 東日本銀行吾妻橋支店 東信用組合本店